2012年11月26日

8020(はちまるにいまる)運動について

国民が平均で何歳まで生きられるかの寿命を「平均寿命」と呼ぶのに対し、人間が健康で他人の世話にならず自立して生活できる寿命を「健康寿命」と呼んでいます。
わが国の「健康寿命」は72歳であり、男女の「平均寿命」は83歳です。

「健康寿命」を可能な限り「平均寿命」に近付けるため、厚労省と日本歯科医師会が中心となって『8020運動』を進めてきましたぴかぴか(新しい)
これは80歳になっても20本以上自分の歯を保っていれば、ほとんどの物をしっかり噛んで食べられることから、美味しく食べて楽しく話せるなど、毎日を明るく健康に過ごすことが出来ると考えられているからです。

『8020』を達成するためには、大人はもちろん、子供の頃からの正しい食生活や歯磨き習慣がとても重要です。当院でも、歯周病の予防、歯や歯ぐきのチェック、正しい歯磨きの指導などを行っております。ぜひ一度ご相談ください。
〜Dr.mizukidr.jpg
posted by Mizuki Dental at 11:02| Comment(0) | ミズキデンタル便り

2012年11月16日

アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012

去る11月4日に開催された、「アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012」に参加しました。

昨年ついに日本でも発売になった、当院でも使用しているデンツプライIH社のオッセオスピードインプラントを中心に、海外の著名な大学教授による招待講演、国内の臨床のトップランナーと言える先生方のセッションにより、いかに早く、確実に、審美的にインプラント治療を成功させるか、トラブルのリカバリー方法等について勉強し理解を深めました。

また、メインテナンスセッションではインプラントを長期的に維持するために必要な知識、メインテナンス方法等について、当院歯科衛生士が勉強し理解を深めました。

アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012

インプラント治療は進歩しており、以前は困難であったケースも対応可能になり、そしてより審美的に行えるようになってきました。インプラント治療は需要も供給も年々増えており、最近では残念なことにネガティブな報道も散見されるようになってきました。
当院では、最新の知識技術を絶えず学び、患者さんに安全で安心できるインプラント治療を提供できるよう、スタッフ一同これからも努力していきたいと思います。
〜歯科医師Edr1.jpg
posted by Mizuki Dental at 10:24| Comment(0) | セミナー

2012年11月12日

虫歯の治療をされた方へ

虫歯の治療で詰めものや被せものをした固い材質の歯は、もう虫歯にならないので大丈夫!・・・そんなふうに思っていませんか?

固い材質だからといって、虫歯にならないということはありません。
詰めものの近辺のエナメル質が虫歯になると、そこから隙間ができ、詰め物の中へ菌が侵入し、再び虫歯をつくります。また、冠のような被せものであっても、歯ブラシを怠っていたり、体調が悪くなったりすると、歯肉は変化しますので、冠と歯肉との境に隙間ができ、そこから菌が侵入し、歯周病や虫歯をつくってしまいます。

治療が終了しても、お口の中の清掃が大切なのはこのためです。定期健診と清潔に保つためのプロのケアが、治療後の詰め物や冠を長くもたせる秘訣でもあるのです。
定期健診だけでなく、プロによる本格的な歯面掃除をお試しになってはいかがでしょうか?詳しくはホームページにも掲載しておりますのでご覧ください。
〜Ph D.Sphd_s.gif
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | ミズキデンタル便り