2012年12月29日

2012年大掃除&納会

12月28日(金)に大掃除と納会を行いました。
事務所・第一・第二と分担して大掃除をやり、普段出来ない棚の上や隅々、普段掃除しているところもさらに綺麗になりました。
各自担当している場所が終わったら、まだやっていないところを声を掛け合い、チームワークよく出来たのではないかと思います。
院長室もさとみ先生のサポートによりとても綺麗になり院長も喜んでいました。
大掃除が終わり納会を行いました。みんなで天丼を頂き、お酒を飲んで楽しい会となりました。

P1020452.JPG

地方の実家に帰省するスタッフもおり、それぞれお正月をどんな風に過ごすのか話が弾みました。
また来年もこのような楽しい納会になると良いですね。
〜歯科助手Idh.jpg
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年12月28日

院内勉強会 『セミナーに参加したスタッフによる報告会』

12月14日に行われた、年内最後の院内勉強会は、10〜11月の間にセミナーに参加したスタッフ達による報告会でした。

GC主催「処方」するブラッシングセミナー ベーシック編
参加者 歯科衛生士K、歯科衛生士S

GCより発売されている、ルシェロという歯ブラシを通して、従来のブラッシング指導とは視点を変えた、患者さん毎に歯ブラシを「処方」する、というコンセプトを学びました。
ルシェロは、虫歯のリスク、歯周病のリスク、歯肉の形態、厚みや硬さ、歯垢や唾液の性状、生活習慣、ブラッシングの状況などを踏まえ、様々なタイプの歯ブラシの中から、その人にあったものを処方できる商品とのことです。
処方に際しては、自身の使用感など、スタッフ間で情報共有し、良いと思った事を素直に、患者さんの五感に訴えていくのがポイント、とのことでした。

photo.JPG

アストラテック インプラントシステム セミアドバンスコース
チーム医療!患者さんが信頼を寄せるインプラント治療
〜安心・安全な低侵襲治療とコンサルテーション実践法〜
参加者 歯科衛生士K、歯科衛生士S、歯科技工士S


12月18日のブログ記事でも紹介しましたように、当院の水木院長、ならびに水木さとみ先生がデンツプライIH主催のセミナーで講演されました。
水木院長は、
・当院で使用のアストラテック オッセオスピードインプラントの特徴・優位性
・デジタルデンティストリー(デジタル化された歯科医療)について
・低侵襲インプラント治療について
さとみ先生は、
・どの様に患者さんを理解するか、パーソナリティの見方、そしてその大切さ
・人が持つ、無意識的・無自覚的な、行動、性格のパターン
・治療への自己決定の意義、インフォームドチョイスについて
・患者さんの問題解決の為の情報収集と提案方法について
それぞれお話しされました。

アストラテック インプラントシステム ジャパンミーティング2012
参加者 歯科医師E、歯科医師M、歯科衛生士A、歯科衛生士S

11月16日のブログ記事でも紹介しましたように、国内外の著名な先生方の講演内容を要約して報告し、スタッフ間でディスカッションを行いました。

総勢5人のスタッフによる報告会となり、診療終了後、夜遅くまで活発な質疑応答がなされました。皆さん、お疲れ様でした!

〜歯科医師Edr1.jpg

posted by Mizuki Dental at 15:07| Comment(0) | 院内勉強会

2012年12月26日

院内勉強会 『総合診療協議会のポスター発表事後報告会』

@発表者 水木ゆき菜先生 昭和大学歯科病院研修医
タイトル「歯周病学的咬合崩壊を起こしている患者に対して、生活習慣の改善と咬合様式の回復により歯牙を保存した症例」

P1020282.JPG

口腔内に感心がなく治療放棄され咬合崩壊した患者に対して、歯周病とその原因を理解していただき、プロブレムマップにまとめ、根本的な要因除去を目的とした治療計画を立案しました。口腔清掃指導後と並行して、プロビジョナルレストレーションにより歯冠軸の改善をさせ、適切な咬合様式を付与することにより、歯周組織の大幅な改善を得ることができました。 
今回、発表を通じて歯科医師や歯科衛生士の方々から様々なご指摘ご意見を頂きました。ご指導ありがとうございました。


A発表者 池谷賢二先生 昭和大学歯科病院研修医
タイトル「義歯不適合による咀嚼障害を有する難聴患者へのPOS基盤型診療システムを用いた取り組み」

P1020288.JPG

難聴によりうまく意図が伝わらず、適切な治療を受けることができず咀嚼困難を引き起こした患者さんに対して、POSに基づいて取り組むことで回復と満足に繋がりました。POSに基づくことで、入れ歯が痛いという問題点だけでなく、難聴で意思疎通が困難であったこと、噛み合わせがズレていたこと、顎の骨の吸収が部分的に強かったことなど、根本的な要因に着目し、適切な処置を考えた上で治療を行うことができました。
今回、発表を通じて歯科医師や歯科衛生士の方々から様々なご指摘ご意見を頂きました。ご指導ありがとうございました。
posted by Mizuki Dental at 10:41| Comment(0) | 院内勉強会