2013年01月30日

セミナーに参加して 「急増するインプラント周囲炎に対してどう取り組むか!!」

去る1月27日横浜情報文化センターにて行われた「急増するインプラント周囲炎に対してどう取り組むか!!」〜術前計画・術中管理・術後管理・リカバリー〜に参加してしてきました。

20130128.jpg

インプラント治療は、長期臨床のデータによりその高い成功率と有効性が証明されています。しかし一方で埋入したインプラントは、残念ながら約30%の患者さんがインプラント周囲炎に感染していると言われています。いかに有効的・効率的なメインテナンスおよびリカバリーを行うかを考えなければなりません。

今回のセミナーで紹介があった、「スターチップITMシステム」という超音波スケーラーのチップは、インプラント周囲の汚染物質除去を第一目的として開発されたそうです。チップはインプラント体にあわせて、チタン合金・純チタン・PEEKの3種類があります。
当院でも、インプラント周囲粘膜炎や周囲炎になってしまった方に対して、その予防・メインテナンス時に使用しています。

今までもいろいろなセミナーに参加させて頂いて、新しいメインテナンス機材を、ブログで紹介させて頂きました。患者さんに一番適したものを術者が選び、使用していきたいと思いました。そのためには、私たち医療人も新しい製品や知識を日々勉強して、患者さんに提供できたらと思いました。
〜歯科衛生士Adh.jpg
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | セミナー

2012年12月18日

院長先生、さとみ先生のご講演を受けて

今回のデンツプライIHセミナーでは、
「チーム医療! 患者さんが信頼を寄せるインプラント治療
〜安心・安全な低侵襲治療とコンサルテーション実践法〜」というタイトルで院長先生とさとみ先生が講演されました。

さとみ先生の講演では、数人のグループになり患者さんの視点にたった考え方、医院でハプニングが起こったときを想定して、その対応について議論しました。対応の仕方、答えは一つではないこと、さまざまな対応に気付くことができました。患者さんに限らず、理解の仕方は、人によって違うということ、そのとらえ方は、自分が今まで過ごした体験や経験などから連想される“自己概念”を無意識的にふまえていることを知りました。違い≠間違いではないことも知りました。さとみ先生が分類された患者の行動パターンを参考にし、今後の患者さんとのコミュニケーションに生かしていきたいです。

sasaki.JPG

院長先生の講演では、インプラントについて勉強になることがたくさんありました。一次オペの際に当院で使用している“光機能化”の効果については、チタンが錆びると細胞との結合率が下がってしまうことを知りました。それに対し、光機能化(UV)を使用することで細胞の結合率を回復することができることも知りました。また、今回の講演を通して、補綴視点からみたインプラントについての講演内容もみることができ、とても勉強なりました。今後もスタッフで情報を共有していけたらと思いました。
〜歯科衛生士Sdh.jpg
posted by Mizuki Dental at 15:43| Comment(0) | セミナー

2012年11月16日

アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012

去る11月4日に開催された、「アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012」に参加しました。

昨年ついに日本でも発売になった、当院でも使用しているデンツプライIH社のオッセオスピードインプラントを中心に、海外の著名な大学教授による招待講演、国内の臨床のトップランナーと言える先生方のセッションにより、いかに早く、確実に、審美的にインプラント治療を成功させるか、トラブルのリカバリー方法等について勉強し理解を深めました。

また、メインテナンスセッションではインプラントを長期的に維持するために必要な知識、メインテナンス方法等について、当院歯科衛生士が勉強し理解を深めました。

アストラテックインプラントシステムジャパンミーティング2012

インプラント治療は進歩しており、以前は困難であったケースも対応可能になり、そしてより審美的に行えるようになってきました。インプラント治療は需要も供給も年々増えており、最近では残念なことにネガティブな報道も散見されるようになってきました。
当院では、最新の知識技術を絶えず学び、患者さんに安全で安心できるインプラント治療を提供できるよう、スタッフ一同これからも努力していきたいと思います。
〜歯科医師Edr1.jpg
posted by Mizuki Dental at 10:24| Comment(0) | セミナー