2013年01月18日

院内勉強会『震災対策 リスクマネジメントを考える!』

新しい年を迎え、去る1月11日に2013年 第1回目の勉強会が開催されました。
始めに院長先生より新年の挨拶と一部改定した『下半期の目標』についてのお話がありました。それぞれ自身の役割を再確認し、目標に向けて頑張っていきたいと思います!

東日本大震災からもうすぐ2年。忘れてはいけない哀しい出来事から学び、当院の今後の震災対策につなげていきたいという水木さとみ先生主催の勉強会となりました。
さとみ先生が『東日本大震災応援プロジェクト』でお会いした歯科医師 三宅先生から頂いたDVDの放映から始まり、実際に被災地で撮った写真を見させて頂きながら、色々とお話をしてくださいました。

この話を元に、第1・第2・センターオフィスの各班に分かれ、震災対策について意見交換が始まりました。各オフィスに用意してある避難用リュック(写真 第二オフィスでは手術中を想定した応急処置器具を準備)の中身をそれぞれ確認しつつ、気づいたことや改善点を書き出し、さらに震災時のシミュレーションをしながら対策を考え、最後には各班それぞれまとめたことを発表し、情報の共有を図りました。今回の勉強会で震災対策について考え、全スタッフで情報を共有することができ、とても良い機会になりました。

20130111.jpg
〜歯科助手Sdh.jpg
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | 院内勉強会

2012年12月29日

2012年大掃除&納会

12月28日(金)に大掃除と納会を行いました。
事務所・第一・第二と分担して大掃除をやり、普段出来ない棚の上や隅々、普段掃除しているところもさらに綺麗になりました。
各自担当している場所が終わったら、まだやっていないところを声を掛け合い、チームワークよく出来たのではないかと思います。
院長室もさとみ先生のサポートによりとても綺麗になり院長も喜んでいました。
大掃除が終わり納会を行いました。みんなで天丼を頂き、お酒を飲んで楽しい会となりました。

P1020452.JPG

地方の実家に帰省するスタッフもおり、それぞれお正月をどんな風に過ごすのか話が弾みました。
また来年もこのような楽しい納会になると良いですね。
〜歯科助手Idh.jpg
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | 日記

2012年12月28日

院内勉強会 『セミナーに参加したスタッフによる報告会』

12月14日に行われた、年内最後の院内勉強会は、10〜11月の間にセミナーに参加したスタッフ達による報告会でした。

GC主催「処方」するブラッシングセミナー ベーシック編
参加者 歯科衛生士K、歯科衛生士S

GCより発売されている、ルシェロという歯ブラシを通して、従来のブラッシング指導とは視点を変えた、患者さん毎に歯ブラシを「処方」する、というコンセプトを学びました。
ルシェロは、虫歯のリスク、歯周病のリスク、歯肉の形態、厚みや硬さ、歯垢や唾液の性状、生活習慣、ブラッシングの状況などを踏まえ、様々なタイプの歯ブラシの中から、その人にあったものを処方できる商品とのことです。
処方に際しては、自身の使用感など、スタッフ間で情報共有し、良いと思った事を素直に、患者さんの五感に訴えていくのがポイント、とのことでした。

photo.JPG

アストラテック インプラントシステム セミアドバンスコース
チーム医療!患者さんが信頼を寄せるインプラント治療
〜安心・安全な低侵襲治療とコンサルテーション実践法〜
参加者 歯科衛生士K、歯科衛生士S、歯科技工士S


12月18日のブログ記事でも紹介しましたように、当院の水木院長、ならびに水木さとみ先生がデンツプライIH主催のセミナーで講演されました。
水木院長は、
・当院で使用のアストラテック オッセオスピードインプラントの特徴・優位性
・デジタルデンティストリー(デジタル化された歯科医療)について
・低侵襲インプラント治療について
さとみ先生は、
・どの様に患者さんを理解するか、パーソナリティの見方、そしてその大切さ
・人が持つ、無意識的・無自覚的な、行動、性格のパターン
・治療への自己決定の意義、インフォームドチョイスについて
・患者さんの問題解決の為の情報収集と提案方法について
それぞれお話しされました。

アストラテック インプラントシステム ジャパンミーティング2012
参加者 歯科医師E、歯科医師M、歯科衛生士A、歯科衛生士S

11月16日のブログ記事でも紹介しましたように、国内外の著名な先生方の講演内容を要約して報告し、スタッフ間でディスカッションを行いました。

総勢5人のスタッフによる報告会となり、診療終了後、夜遅くまで活発な質疑応答がなされました。皆さん、お疲れ様でした!

〜歯科医師Edr1.jpg

posted by Mizuki Dental at 15:07| Comment(0) | 院内勉強会

2012年12月26日

院内勉強会 『総合診療協議会のポスター発表事後報告会』

@発表者 水木ゆき菜先生 昭和大学歯科病院研修医
タイトル「歯周病学的咬合崩壊を起こしている患者に対して、生活習慣の改善と咬合様式の回復により歯牙を保存した症例」

P1020282.JPG

口腔内に感心がなく治療放棄され咬合崩壊した患者に対して、歯周病とその原因を理解していただき、プロブレムマップにまとめ、根本的な要因除去を目的とした治療計画を立案しました。口腔清掃指導後と並行して、プロビジョナルレストレーションにより歯冠軸の改善をさせ、適切な咬合様式を付与することにより、歯周組織の大幅な改善を得ることができました。 
今回、発表を通じて歯科医師や歯科衛生士の方々から様々なご指摘ご意見を頂きました。ご指導ありがとうございました。


A発表者 池谷賢二先生 昭和大学歯科病院研修医
タイトル「義歯不適合による咀嚼障害を有する難聴患者へのPOS基盤型診療システムを用いた取り組み」

P1020288.JPG

難聴によりうまく意図が伝わらず、適切な治療を受けることができず咀嚼困難を引き起こした患者さんに対して、POSに基づいて取り組むことで回復と満足に繋がりました。POSに基づくことで、入れ歯が痛いという問題点だけでなく、難聴で意思疎通が困難であったこと、噛み合わせがズレていたこと、顎の骨の吸収が部分的に強かったことなど、根本的な要因に着目し、適切な処置を考えた上で治療を行うことができました。
今回、発表を通じて歯科医師や歯科衛生士の方々から様々なご指摘ご意見を頂きました。ご指導ありがとうございました。
posted by Mizuki Dental at 10:41| Comment(0) | 院内勉強会

2012年12月24日

2012クリスマス&忘年会

去る12月15日ホテルキャメロットジャパンにて、『ミズキデンタル2012'クリスマス&忘年会』を行いました。
当日はプレゼント交換会、スタッフ全員の投票により選出された2012年一番輝いていたスタッフへ院長より記念品の贈呈などのイベントもあり、また当日まで会場を明かさないというサプライズも例年通りで当日までドキドキ、ワクワクな1次会となりました。また2次会はカラオケで大変に盛り上りました。

P1020390.JPG

新年を迎え、スタッフ一同気持ちを新たに皆さまをお迎えしたいと思っていますので、本年もよろしくお願いいたします。
〜センターHcenter.jpg
posted by Mizuki Dental at 13:53| Comment(0) | 日記

2012年12月21日

保険点数とレセプトに関して

去る11月16日、院内にて「保険点数とレセプトに関して」というテーマで勉強会を行いました。
ミズキデンタルオフィスのスタッフだけでなく、レセプト業者のかたにもお越しいただき、さまざまなお話を共有することができました。

保険点数とは、保険診療下での診療行為ごとに決められている点数のことをいいます。
レセプトとは、診療報酬請求明細書のことをいいます。これは、病院や歯科医院が医療費の保険負担分の支払いを公的機関に請求するために毎月発行しているものです。処置や薬の点数を書き、全てを点数化して医療費を計算するためのものです。

igarashi.jpg.JPG

点数を算定する際には保険のさまざまなルールがあり、先生やスタッフはそのルールを把握していることが必要です。また、レセプト業者のかたに毎月レセプト内容をチェックしていただいてから、公的機関に出しています。
今回の勉強会は、保険のルールや診療・算定の際の注意点等を再認識できる非常に良い機会となりました。
〜歯科助手Idh.jpg
posted by Mizuki Dental at 10:37| Comment(0) | 院内勉強会

2012年12月18日

院長先生、さとみ先生のご講演を受けて

今回のデンツプライIHセミナーでは、
「チーム医療! 患者さんが信頼を寄せるインプラント治療
〜安心・安全な低侵襲治療とコンサルテーション実践法〜」というタイトルで院長先生とさとみ先生が講演されました。

さとみ先生の講演では、数人のグループになり患者さんの視点にたった考え方、医院でハプニングが起こったときを想定して、その対応について議論しました。対応の仕方、答えは一つではないこと、さまざまな対応に気付くことができました。患者さんに限らず、理解の仕方は、人によって違うということ、そのとらえ方は、自分が今まで過ごした体験や経験などから連想される“自己概念”を無意識的にふまえていることを知りました。違い≠間違いではないことも知りました。さとみ先生が分類された患者の行動パターンを参考にし、今後の患者さんとのコミュニケーションに生かしていきたいです。

sasaki.JPG

院長先生の講演では、インプラントについて勉強になることがたくさんありました。一次オペの際に当院で使用している“光機能化”の効果については、チタンが錆びると細胞との結合率が下がってしまうことを知りました。それに対し、光機能化(UV)を使用することで細胞の結合率を回復することができることも知りました。また、今回の講演を通して、補綴視点からみたインプラントについての講演内容もみることができ、とても勉強なりました。今後もスタッフで情報を共有していけたらと思いました。
〜歯科衛生士Sdh.jpg
posted by Mizuki Dental at 15:43| Comment(0) | セミナー

2012年12月11日

口臭予防をしていきたいのですが、ミント系のガムは効きめがありますか?

ミント系のガムで匂いを消すというよりは、ガムを噛むことで唾液が多く分泌されるため、食べかすなどを流してくれる効果(自浄作用)を期待するといった方が正しいでしょうか。口臭予防にあたっては、先ずは口臭の原因を追及することが大切です。口臭の多くは、歯周病や虫歯、舌苔(舌につく白いもの)など、お口の中からの原因が多く挙げられますが、糖尿病や胃の疾患など全身疾患が原因となる口臭もありますし、喫煙による口臭もあります。原因によって対処が異なりますが、お口の中からの原因であれば、歯周病や虫歯をしっかりと治し、常に清潔な状態を維持していくことで改善していきます。自分にあった歯科清掃器具(歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなど)や適切な洗口剤を使用し、舌ブラシで舌も磨くのも効果的です。こうした清掃器具にも一定の期限が過ぎると清掃効果がありません。かかりつけの歯科医院で、歯科衛生士さんにマネジメントしてもらうことも良い方法ですね。
〜Ph D.Sphd_s.gif
posted by Mizuki Dental at 18:52| Comment(0) | ミズキデンタル便り

2012年12月03日

歯周ポケットへのアプローチ ペリオフロー

現在、インプラント治療は多くの歯科医院で行われていますが、インプラント周囲炎でお困りの患者さんも多く見られます。インプラントのメインテナンスやインプラント周囲炎へのアプローチに使用する器具には、たくさんの製品があります。

本日は、株式会社 松風の方に来ていただき、歯周ポケットへ使用できる、「ペリオフロー」という新製品について紹介していただきました。
「エアーフロー」という製品は、以前からありましたが、歯面に対してのみ、使用が可能でした。今回、日本で新発売された「ペリオフロー」は、歯肉ポケットの中にノズルを挿入し、そこから、パウダーと水が噴霧され、歯肉ポケット内のバイオフィルムをコントロールすることができるもので、インプラント周囲のポケットが深く(5o以上)、メインテナンスが難しい場合など、とても有効です。また、天然歯においても、重度の歯周病の深いポケットなどに有効で、セメント質をはじめとする上皮組織や結合組織へのダメージを最小限に抑え、バイオフィルムをコントロールすることができます。
また、使用するパウダーもグリシンというアミノ酸の一種で、粒子も細かく軟らかいものです。歯肉ポケット内に残留しても安心なパウダーになっています。

asaka.JPG

たくさんの、メインテナンス機材があるなか、患者さんに一番適したものを使用していきたいと思いました。そのためには、私たち医療人も新しい製品や知識を日々勉強して、患者さんに提供できたらと思いました。
〜歯科衛生士Adh.jpg
posted by Mizuki Dental at 00:00| Comment(0) | 院内勉強会

2012年11月26日

8020(はちまるにいまる)運動について

国民が平均で何歳まで生きられるかの寿命を「平均寿命」と呼ぶのに対し、人間が健康で他人の世話にならず自立して生活できる寿命を「健康寿命」と呼んでいます。
わが国の「健康寿命」は72歳であり、男女の「平均寿命」は83歳です。

「健康寿命」を可能な限り「平均寿命」に近付けるため、厚労省と日本歯科医師会が中心となって『8020運動』を進めてきましたぴかぴか(新しい)
これは80歳になっても20本以上自分の歯を保っていれば、ほとんどの物をしっかり噛んで食べられることから、美味しく食べて楽しく話せるなど、毎日を明るく健康に過ごすことが出来ると考えられているからです。

『8020』を達成するためには、大人はもちろん、子供の頃からの正しい食生活や歯磨き習慣がとても重要です。当院でも、歯周病の予防、歯や歯ぐきのチェック、正しい歯磨きの指導などを行っております。ぜひ一度ご相談ください。
〜Dr.mizukidr.jpg
posted by Mizuki Dental at 11:02| Comment(0) | ミズキデンタル便り